一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

引っ越しの挨拶は行くべき?行くとしたらどこまで?

引っ越しをする場合、近隣への挨拶はどうしたらいいか、考えてしまいますよね。
「かえって迷惑になるのではないか」と思うこともあると思います。

そこでここでは、「どういう場合に引っ越し挨拶をしたらいいか」をまとめてみました。
さらに挨拶の仕方も紹介しましたので、参考にして下さい。

引っ越し挨拶はどういう場合にしたらいい?

引っ越し挨拶は、まず、
「家を購入した」
場合には、絶対にした方がいいと思います。

家を購入したとなると、近所の人とは、
それから長い期間にわたって付き合っていかないといけないですよね。

付き合いを良好にするためにも、
引っ越しをしたときに、まず初めに挨拶するのは、
大事だと思います。

また賃貸住宅であっても、子供がいる家族の場合は、
やはり引っ越し挨拶はした方がいいと思います。

子供がいると、学校のことや地域のことで、
近所の人と何かと付き合う機会が増えますよね。

逆に、単身者用のマンションの場合には、
「引っ越し挨拶はしないほうがいい」
と言われています。

女性が一人で住んでいる場合などは、
引っ越し挨拶をすることで、かえって不安にすることがあるからなんですね。

引っ越し挨拶の仕方は?

引っ越し挨拶をするべき範囲は?

引っ越し挨拶は、「向こう三軒両隣」にするのが基本と言われていますよね。

これは、一軒家の場合なら、自分の両隣の家と向かいの家、
さらに向かいの家の両隣の家という意味です。

もし自分の家に、裏の家があるのなら、
裏の家とその両隣の家にも、あわせて挨拶しておくのがいいですね。

マンションの場合なら、両隣の家、
それに上下階の家が基本になると思います。

またもし管理人さんがいるのなら、色々お世話になることも多いと思いますので、
しておくようにした方がいいですね。

引っ越し挨拶はどうやってすればいいの?

引っ越し挨拶は、まず「挨拶品」を持参するのが礼儀です。
500円〜1000円程度の、石けんやタオルなどの日用品がよいと思います。

挨拶は、引っ越しをしてできるだけすぐ、
可能であれば当日に、行くようにしましょう。

「お隣に引っ越して来ました○○と申します。
これからよろしくお願いします」
と言って、挨拶品を渡せば終わりです。

もし挨拶に行った家が不在の場合は、
簡単な手紙と一緒に、挨拶品をポストに入れておくようにするのがいいと思います。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る