一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

引っ越し業者の遅刻トラブルってよくあるの?

引っ越し業者が「遅刻」することは、
よっぽどの悪天候などでない限り、まずありません。

ただネットなどで、
「業者が大幅に遅刻して引っ越しが夜になった」
などの話を目にすることがあると思います。

たしかに引っ越し業者が到着するのが遅くなることはあるんですが、
それは正確にいえば「遅刻」ではなく、
「午後便」「フリー便」などの場合、
元々契約がそのようになっているからなんですね。

「午前便」はまず遅刻することはない

引っ越しの、時間帯による区分けには、

  • 午前便
  • 午後便
  • フリー便

の3種類があります。

このうち「午前便」は、業者は朝一番に来て作業を開始します。

営業所から直接来ることになりますので、
よっぽどの悪天候などでない限り、
午前便で業者が遅刻することはまずないです。

「午後便」「フリー便」はそもそも到着時間が決まっていない

でも「午後便」「フリー便」の場合は、話はまったく違ってくるんですね。

まず午後便は、業者は午前の作業を終わらせてからやって来ます。

営業マンに午後便の到着時間を聞くと、
「だいたい2時頃になると思います」
などと答えると思いますが、
これはあくまで「思います」であり、約束ではないんです。

午後便で約束されるのは、
「午前の作業を終わらせて速やかに向かう」
です。

でも引っ越し作業は、予測不能のことが多く、
作業が大幅に遅れることが少なくないんですね。

例えば「お客さんが荷作りを全く終わらせていなかった」などのことがあると、
昼に終わるはずの作業が、夜までかかってしまうこともあります。

そうなると午後便が到着するのは、夜遅くになってしまうというわけです。

「フリー便」は、さらに到着する時間帯自体、
事前には決まらず、当日業者から連絡があって初めて決まります。

ですから「夜に到着する」と言われれば、
それで仕方ないということなんですね。

ただ午後便、フリー便の場合、そのように時間の約束ができない代わりに、
料金が安く設定されています。

料金が高いかわりに時間が確かな午前便を使うか、
安い午後便やフリー便を使うかわりに、時間が不確かになるのを我慢するかは、
それぞれの選択ということになりますね。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る