一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

引っ越し業者から追加料金を請求されたらどうすればいい?

引っ越し業者から、もし追加料金を請求されたら、どうしたらいいのでしょうか?

答えは、
「すぐに支払わず、まず追加料金が発生した理由をよく確認する」
です。

追加料金が、こちらの都合で発生してしまう場合があります。
その時は、追加料金を支払わなければ仕方がないですね。

でも本来は業者の都合なのに、それで発生した追加料金を請求してくることもあります。
その場合はあくまで強気に、追加料金を断ることがオススメです。

こちらの都合で追加料金が発生してしまう場合

こちらの都合で追加料金が発生するのは、
例えば次のような場合です。

自分でやるべき荷作りが、当日までに終わらなかった。

業者が到着しても荷作りが終わっていなければ、
業者が荷作りを手伝わなければならないことになりますから、
追加料金が発生するのは当然ですね。

あまりにひどい場合には、業者から引っ越しをキャンセルされ、
キャンセル料を支払わなければならないこともあります。

新居の状況を営業マンにきちんと伝えなかった

新居の前の道幅が狭く、トラックが停められないのに、
それをきちんと伝えていなければ、追加料金が発生します。

また家具などで、玄関から入らず、2階の窓から入れなければならないのに、
それを伝えていなかった場合なども同様です。

下見の際には、新居の状況をきちんと伝えておかなくてはいけないんですね。

業者の手落ちで追加料金が発生する場合

業者の手落ちで追加料金が発生する場合もあります。

たとえば営業マンにきちんと下見してもらったのに、
営業マンの見積もりが甘く、トラックに荷物が積み切れなかった場合など、
新たにトラックをチャーターするのに追加料金がかかりますが、
それは営業マンの手落ちです。

そのような場合には、もし現場の作業員と話しても埒が明かない場合には、
営業マンや、必要なら営業所の所長と話すなどして、
追加料金をきっぱりと断るようにしましょう。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る