一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

遠距離への引っ越しなら現地で家具を買った方がお得かも

一人暮らしを始めるなら、特に遠距離に引っ越す場合には、
家具は絶対に引っ越してから現地で購入するようにしましょう。

初めての一人暮らしだと、親御さんが色々心配して、
家具を調達し、持たせてくれることもあるかもしれません。

でもそうなると、遠距離の引っ越しの場合、引っ越し料金がとても高くなってしまうんですね。

引っ越し料金は荷物の量が大きく影響する

引っ越し料金は、まずは「距離」によって決まります。

距離が長くなれば、トラックの燃料費もそれだけ必要になりますし、
また作業員の拘束時間も長くなりますから、
料金も高くなることになるんですね。

それからもう一つ、引っ越し料金には、「荷物の量」が大きく影響してきます。

荷物の量が増えれば、トラックも大きなものを使わなければなりませんし、
荷物を運ぶ作業員も増やさなければなりませんよね。

遠距離の引っ越しの場合には、
荷物がたくさんあると、長い距離を、大きなトラックを使って運ばなければいけないことになります。

ですから引っ越し料金がとても高くなって、
「家具を現地で買ったほうがよっぽど安い」というような金額になってしまうんですね。

ですから遠距離の引越しをして一人暮らしを始める場合には、
「今実家で使っている家具をそのまま使おう」
などと考えてはいけません。

引っ越し荷物をできるだけ少なくすることをまず考え、
家具はすべて、引っ越し後に現地で調達するようにしましょう。

すでに一人暮らしをしている人でも家具は捨てたほうがいい場合がある

すでに一人暮らしをしている場合でも、遠距離の引っ越しをするのなら、
今使っている家具は捨ててしまい、引っ越ししてから新しく家具を購入したほうが、
トータルで考えると安くなる場合があります。

ですからまずは一括見積もり比較サービスなどを利用し、複数の引っ越し業者に見積もりを依頼して、
家具がある場合とない場合とで、見積もり金額がどのくらい変わるのかを、
比較してみるのがオススメなんですね。

まだ新しい家具の場合には、粗大ゴミで捨ててしまうのではなく、
リサイクルショップに買い取りを依頼してみましょう。

けっこうな値段で買い取りしてくれることがあります。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る