一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

単身引越しパック、ワンルームパックを使うなら荷物量に注意

一人暮らしの引っ越しをするとなると、
各社が設定している
「単身引っ越しパック」
「ワンルームパック」
を使えばいいと思うかもしれません。

たしかに単身パックやワンルームパックは、各社とも安く設定しています。

ただ2つの意味で、単身パックは必ずしも安いとは限らない場合がありますので、
注意が必要なんですね。

単身パックは運べる荷物の量が少ない

単身パックやワンルームパックの注意点の第一は、
「運べる荷物の量が少ない」
ということです。

例えば日通が設定している、「単身パックL」というのを例にあげてみたいと思います。

日通単身パックLで運べる荷物の内容

  • 冷蔵庫(2ドア・109リットル)
  • 洗濯機(4キロ)
  • 薄型テレビ(20インチ)
  • テレビ台(小)
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • カラーボックス(3段)
  • 衣装ケース
  • 姿見
  • ダンボールMサイズ5個

以上

これは日通が設定している単身パックのうち、荷物の量が多いほうです。

「単身パックS」だと、運べる荷物の量は、もっと少なくなります。

この荷物の内容を見ると、
「かなり少ないな」
と思う人も多いのではないでしょうか。

ベッドやソファ、タンスなどがあると、
もう単身パックでは運べないんですね。

単身パックは、引っ越し業者はコンテナを使って荷物を運びます。

なのでもし荷物の量がオーバーしてしまうことになると、
コンテナを2つ使わなければならないことになり、
引っ越し料金は、一気に倍になってしまいます。

こうして考えると、単身パックは
「本当に荷物が少ない人のためのもの」
なんですね。

自分の荷物が単身パックで収まるのかどうかを、
まず考える必要があると思います。

単身パックは大手が設定しているから中小業者と比べると高い場合がある

単身パックの注意点の第2は、
「単身パックは大手引っ越し業者が設定している」
ということです。

日通やアート引越センター、クロネコヤマトなどは単身パックを設定していますが、
中小の引っ越し業者は、単身パックを設定していないところも少なくありません。

ところで一般に、大手引っ越し業者は、引っ越し料金が高めなんですね。

それに対して中小の引っ越し業者は、大手業者に比べると、
引っ越し料金が割安なことが多くなります。

なので大手業者が設定している単身パックは、
その業者の値段設定の中では割安に設定されているとはいえ、
中小の引っ越し業者が同じ荷物を運ぶ場合と比べると、
まだ割高であることが少なくないんですね。

「一人暮らしの引越しだから単身パック」と決めつけてしまう前に、
まずはこちらのサイトのような一括見積もり比較サービスなどを利用して、
中小の業者を含めた複数の業者に見積もりを取り、
公平な視点で比較して見ることを、
管理人としてはオススメしたいと思います。

一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら
実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る