一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

包丁などの刃物は荷解きするときの方が危険

包丁などの刃物を梱包する際には、細心の注意が必要となります。

刃をむき出しにして梱包してしまうと、
刃がダンボールを突き破り、作業員がケガをする可能性があります。

また刃物は、荷解きの際、箱から取り出す時に、
誤ってケガをすることもありますので、
それを防ぐ梱包の仕方も必要になるんですね。

刃物を梱包する上手なやり方

刃物を梱包する際には、ダンボールなどの厚紙を二つ折りにし、
刃の部分が完全に隠れる大きさに切り取ります。

この厚紙で刃の部分を覆い、ガムテープで止めるわけですが、
このとき刃先が厚紙を折ったほうが当たるようにし、
ガムテープのほうにならないように気をつけましょう。

また荷解きの際には、刃物が外から見てハッキリ分かるほうが、
誤ってケガをする可能性が少なくなります。

包丁の柄などは、包んでしまわずむき出しにして、
刃物だと分かるようにしておきましょう。

さらに刃物類はまとめて小さな箱に入れ、
「刃物」と大書きした上でダンボールに入れるようにすると、
より安全になりますね。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る