一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

引っ越しの際に荷物を一時保管してくれるサービスもある

引っ越しをする際、たとえば建て替えをするなどの場合、
荷物を一時的に預かってもらいたいことがあると思います。

引っ越し業者の多くが、荷物の一時預かりをオプションサービスで行なっており、
また「建て替えパック」なども設定しています。

多くの業者が建て替えパックを設定している

建て替えをする場合、仮住まいはどうしても、小さめの家を選ぶことになりますよね。

その場合、旧居に置いてあった荷物をすべて運び入れることができず、
どこかで一時保管しないといけないことがあると思います。

そこで多くの引っ越し業者が「建て替えパック」を設定しています。

建て替えパックを利用すると、旧居から仮住まい、仮住まいから新居と2回の引っ越しと、
さらに荷物の一時保管までをすべて、
一つの引っ越し業者がスムーズに行なってくれるのでとても便利です!

建て替えパックの流れ

建て替えパックの流れは、どの引っ越し業者でも、だいたい次のようになります。

1. 計画の作成

まず引っ越し業者の営業マンが旧居と仮住まいの両方を下見して、
2回の引っ越し作業と荷物の一時保管についての計画を立てます。

この時どの荷物を仮住まいに持って行き、どの荷物を保管するかも、
すべて決めることになります。

2. 旧居から仮住まいへの引っ越し

第1回めの旧居から仮住まいへの引っ越しを、
引っ越し業者が来て行います。

荷物の梱包については、自分でやることももちろんできますし、
必要なら、業者にオプションサービスで依頼することもできます。

引っ越し業者は、引っ越し荷物を仮住まいに運ぶものと一時保管場所に運ぶものとに分け、
それぞれを輸送します。

3. 仮住まいから新居への引っ越し

建て替えが完了したら、再び引っ越し業者が来て、
仮住まいから新居への引っ越しを行います。

引っ越し業者は同時に、一時保管場所から荷物を運び出し、
新居へ一緒に運び入れてくれます。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る