一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

重たい荷物は小さいダンボールに、軽い物は大きな箱へ

荷物をダンボールに詰めていく際、「基本」といえることがあるんですね。

それは、
「重たい荷物は小さいダンボールに、軽い物は大きな箱へ」
ということです。

これを守らずに荷作りしてしまうと、
色々困ったことが起こるんですね。

大きなダンボールに重いものをたくさん入れるとダンボールが壊れてしまう

重たい荷物を小さなダンボールに入れなければいけない第一の理由は、
重たい荷物を大きなダンボールに入れると、ダンボールが壊れてしまうからです。

ダンボールは大きなものほど、強度が弱くなってしまうんですね。

また大きなダンボールには、その分荷物がたくさん入りますから、
重たい荷物を入れるとたくさん入り、その分重くなることになります。

重たい荷物の代表が、本や雑誌、書類などです。
これらの荷物は、かならず小さなダンボールに入れるようにしましょう。

ダンボールが重くなると、作業員が持ち運べない

重たい荷物を小さなダンボールに入れなければいけない第二の理由は、
重たい荷物を大きなダンボールに入れると、
重すぎて作業員が持ち運べなくなるからです。

大きなダンボールには、荷物がたくさん入ります。

そこに重たい荷物を入れてしまうと、
人間が持ち運べる限界を超えてしまうことがあるんですね。

引っ越し荷物の梱包は、「作業員の身になって考える」ことが大切です。
作業員が運べないような梱包をしてしまうことは避けましょう。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る