一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

引っ越し先の見取り図を作っておくととても便利!

引っ越し荷物は、きちんと梱包さえしてしまえば、
あとは引っ越し業者が搬出、搬入をしてくれます。

搬出は、とにかく荷物をすべてトラックに運び入れるだけですから、
引っ越しする当人がすることは特別ありません。

黙っていても、すべて業者が自動的にやってくれるんですね。

でも搬入についてはそうではありません。
引っ越し業者は、荷物や家具をどこに置いたらいいのか分かりません。

だから引っ越しする当人が、業者にすべて、
荷物や家具の置き場所を指示しないといけないんです。

でも引っ越し当日のバタバタした中で、
引っ越し業者に荷物や家具の置き場所を一つ一つ指示するのは、
そう簡単なことではありません。

そこであらかじめ、引っ越し先の家の見取り図を作り、
それを業者に渡しておくととても便利です!

荷物や家具の置き場所を指示するのは簡単ではない

引っ越し先の家で、荷物や家具の置き場所を一つ一つ指示することは、そう簡単ではありません。

引っ越し業者の作業員は何人かいますから、
その作業員が次々と、荷物を運び入れてきます。

タイミングよく指示するのが難しい上に、
作業員も重労働をしていますから、気が立っています。

家具の置き場所をきちんと決めておらず、
一度二度と置き直しをしてもらうなどすると、
その場の雰囲気も悪くなってしまうんですね。

また家具の置き直しは、和室に和ダンスを置く場合などはタブーです。
一度重いタンスを置いてしまうと、畳に跡がついてしまうからです。

そこでオススメなのが、引っ越し先の家の見取り図を作り、
そこに荷物や家具の置き場所をすべて書いて、
それを業者の作業員に渡しておくことです。

そうしてしまえば、作業員はあとは見取り図通りに荷物や家具を置いてくれるので、
引っ越しする当人は、何もすることがなくなります。

引っ越し先の見取り図の作り方

引っ越し先の見取り図自体は、何もきれいに書く必要はありません。

手書きの簡単なもので、荷物や家具の置き場所がハッキリ分かるようになっていれば十分です。

ただ家具の置き場所を決めるためには、
ある程度の作業が必要にはなりますよね。

まず家の図面を用意しないといけないと思います。

家の図面は平面図だけでなく、
階段などが部屋の中にある場合は、高さも確認する必要が出てきます。

次にタンスや冷蔵庫など、家具の寸法を測り、
できれば家の図面と同じ縮尺で、厚紙で切り抜いたりしたものを、
家の図面に配置してみます。

このとき、家具の高さもきちんと測り、
家具がたしかに部屋に収まることを確認しなければいけないです。

こうして家具の置き場所を決めた上で、
見取り図を書く必要があるんですね。

多少の手間はかかることにはなりますが、
引っ越し当日の作業がラクになることを考えれば、
やって損はないと思います。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る