一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

パソコンは自分で運ぶか、念のため事前にデータの保存を

引っ越しでパソコンを移動する場合、振動でハードディスクが壊れ、
記録されていたデータが消えてしまうことがあります。

引っ越しの際には必ずハードディスクのバックアップを取り、
ノートパソコンなどなら自分で運ぶようにしましょう。

ハードディスクのデータが消えても引っ越し業者は補償してくれない

ハードディスクは精密機器ですから、振動に弱いことは言うまでもないですよね。

引っ越し業者は、パソコンを運ぶためにきちんと振動対策をしてくれますが、
それでも引っ越し時の振動で、ハードディスクが壊れてしまうことは少なくありません。

ハードディスクが壊れても、引っ越し業者は補償をしてくれません。

引っ越し業者には、家具などのキズは補償の義務がありますが、
パソコンのデータまでは、補償の義務がないからなんですね。

だからもしハードディスクのデータが壊れ、
復旧させることになってしまったとしても、
高額の復旧費用を自分で支払わなければならないことになってしまいます。

ハードディスクのデータは、かならず引っ越し前に、
バックアップ保存しておくようにしましょう。

パソコンデータの保存方法

パソコンデータがそれほど多くない場合には、
USBメモリやDVDなどで簡単にバックアップ保存できると思います。

ただ今はハードディスクも大容量になり、
動画データなどを大量に保存している人も少なくないですよね。

大容量のデータになると、DVDでバックアップ保存しようとすると、
何十枚にもなってしまうことがあります。

その場合にオススメなのは、外付けハードディスクを購入することです。

ハードディスクの価格は現在大きく低下して、
1TBなどの巨大容量のものでも、1万円程度で購入することができます。

この外付けハードディスクを使えば、
パソコンのデータが大容量でも、簡単にバックアップ保存することができます。

パックアップデータは必ず自分で持ち運ぼう!

パソコンのデータをバックアップ保存した外付けハードディスクは、
引っ越し荷物に入れてしまわないで、必ず自分で運ぶようにしましょう。

またパソコンがノートパソコンなどの場合なら、
業者に頼まず、自分で運ぶようにしたほうが、
データが壊れる可能性は低くなると思います。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る