一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

食器などの割れ物を詰める場合は緩衝材ですき間を埋めよう

引っ越し荷物の梱包で一番気を使うことになるのは、
やはり何といっても食器などの割れ物ですよね。

割れ物を梱包するやり方を、ここで紹介したいと思います。

割れ物を梱包する上手なやり方

小さなダンボールに入れる

割れ物は重量がありますから、小さなダンボールに入れることが大切です。

小さなダンボールに入れることにより、
作業員が誤ってダンボールを落とすことを防げますし、
さらに割れ物がそれ自体の重みで壊れてしまうことも防げます。

重いものは箱の下へ、軽いものは箱の上へ

割れ物は必ず、重いものを箱の下に、軽いものを箱の上に入れるようにします。
重いものを上に入れてしまうと、その重みで下のものが壊れることがあります。

また重いものを上に入れると、箱の重心が高くなるので、
作業員が誤って落とす可能性が高まります。

左右の重さが均等になるように入れる

箱の左右の重さが均等になるように入れていくことも大切です。

箱の左右どちらかが重たくなってしまっていると、
やはり作業員が誤って落としてしまう可能性が高くなってしまうんですね。

すべて一つ一つ包む

割れ物は、すべて一つ一つ、新聞紙などで包むようにします。
皿などを重ねて、まとめて包むようにしてしまってはいけません。

皿は縦に入れるようにする

皿を重ねて入れると、上にある皿の重みで、下にある皿が壊れてしまうことがあります。
皿は必ず、縦に向け、並べて入れるようにします。

箱の下には丸めた新聞紙を入れておく

箱に直接割れ物を入れてしまうと、
下からの衝撃で割れ物が壊れることがあります。

必ず箱の底に新聞紙を丸めたものを入れ、
その上に割れ物を詰めていくようにしましょう。

すき間は緩衝材で埋める

箱の中にすき間ができると、中で割れ物が動いてぶつかり、壊れることがあります。

もし箱の中にすき間ができたら、新聞紙を丸めたものなどを詰め、
すき間をすべて埋めるようにしましょう。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る