一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

軽めのタンス、衣装ケースなら中身は入ったままでもOK

タンスや衣装ケースは、中身を入れたままで運んでくれることがあるんです。

タンスや衣装ケースの中身をそのまま入れて運べれば、
荷作りの手間が省けることになりますからラクですね。

また引っ越し業者にとっても、タンスの中身を入れたまま運べば、
トラック荷台のスペースを節約することにつながりますから、
ありがたいということになるんです。

ただタンスは重いものだと、中身を入れたまま運ぶと重すぎて、
その重量で、タンスが壊れてしまうこともあります。

ですからタンスの中身を入れたまま運んでもらえるかどうかは、
引っ越し業者の営業マンが下見に来たとき、
タンスの一つ一つについて、確認する必要があると思います。

またタンスに入れたまま運べるものは、洋服類だけです。

洋服以外のものがタンスに入っている場合、
運んでいる最中にタンスの中で動き、壊れてしまうことがあります。

どんなタンスが中身を入れたまま運べるの?

洋服ダンス

洋服ダンスは多くの場合、上部と下部とを分解した上で運ぶことになります。
上部のハンガーに掛かっているものは、業者が持参するハンガーボックスに全て掛けます。

これはハンガーに掛かったままにしておいても、
引っ越し当日、業者がやってくれると思います。

下部の引き出し部分に入っている衣類については、
入れたままにしておいてもいいのか、出して梱包しておいたほうがいいのか、
下見の際営業マンに確認するようにしたほうがいいと思います。

和ダンス

和ダンスは重いので、多くの場合、
中の衣類は取り出して、べつに梱包するようになると思います。

また和ダンスに入っている着物は、入れたまま運んでしまうと、
擦れて傷むことがあります。

整理ダンス

整理ダンスは、多くの場合、中身を入れたまま運んでくれると思います。

ただ古いタンスだと、重さで壊れてしまうことがありますから、
業者に確認してみるのがオススメです。

衣装ケース

衣装ケースは、ほとんどの場合、中身を入れたまま運んでくれると思います。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る