一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

使わないと絶対に損する「一括見積もり比較」って?

引っ越し料金を安くするためには、いくつかのコツがあるんですが、
管理人が最もオススメするのは、
「ネットの一括見積もり比較サービスを使う」
ことです。

無料で使えるこの一括見積もり比較サービスを使えば、
引っ越し料金が最大で半額以上、ウソじゃなく安くなります。

管理人自身も、引っ越しの際に一括見積比較サービスを使わないことは、
まったく考えることもできません。

一括見積もり比較サービスとは?

引っ越し業者を選ぶ際には、昔から、
「相見積もりを取る」
ことが基本だったんです。

引っ越し料金には、「定価」というものがないんですね。

引っ越し料金は、様々な要因から決まってきます。

たとえば・・・、

  • 引っ越しの距離
  • 荷物の量
  • エアコン取り付けなどオプションサービスの有無
  • 季節や曜日などによる割引
  • マンションならエレベーターがあるかどうか
  • 家の前に大型トラックが止められるかどうか

などなど。

それでこれらすべての要因が、引っ越しごとに、
すべて異なることになってくるわけです。

つまり、
「引っ越しに、同じものは2つとない」
ことになりますから、
定価もつけられないというわけなんですね。

定価がないとなると、例えばある業者が引っ越し料金を提示してきたとして、
それが高いのか、安いのか、判断できないじゃないですか。

定価があり、料金表があれば、
それを業者ごとに比較することもできるけれど、
定価がないのですから、それはできません。

そこで、
「相見積もりを取って比較する」
ということになるんですね。

相見積もりとは、同じ引っ越しについて、
複数の業者に見積もり依頼することです。

そうすれば、同じ引っ越しに対する料金なのですから、
業者によって高いのか、安いのかを判断できることになるわけです。

相見積もりは、昔から引っ越し業者を選ぶとき、
当然のこととして行われてきました。

一括見積もり比較サービスは、この引っ越し業者に対する相見積もりを、
手軽に、無料でできるようにするために考えだされたシステムなんですね。

一括見積もり比較サービスのメリットは?

一括見積もり比較サービスのメリットは、
とにかく引っ越し料金の相見積もりが、短時間で、手軽にできるということです。

一括見積もり比較サービスを使わずに、
引っ越し料金の相見積もりを取るやり方を考えてみましょう。

まず引っ越し業者に対し、電話するなりメールするなりして、
見積もりを依頼します。

このとき、引っ越しで運ぶ荷物が、どんなものがあるかを、
引っ越し業者にすべて知らせないといけません。

そのためには、電話なりメールなり、WEBの入力フォームなりを使って、
一つ一つの荷物の内容を細かく伝えるか、
または引っ越し業者の営業担当者に自宅へ来てもらい、
実際に荷物を見てもらうかしないといけません。

これを複数の引っ越し業者に対してしないといけないことになるわけですから、
莫大な時間がかかることになるのは分かりますよね。

ところが一括見積もり比較サービスでは、この相見積もりにかかる手間を、
「極限まで」と言えるくらい、短縮してくれます。

一括見積もり比較サービス相見積もりを取る流れは、次のようになります。

一括見積もり比較サービスで相見積もりを取る流れ


1. 一括見積もり比較サービスのホームページにある入力フォームから、
  •  現住所と連絡先
  •  引っ越し先の地域
  •  引っ越しで運ぶ荷物の内容

を入力する。

これはだいたい、10分もあれば終わると思います。

2. 引っ越し業者から見積もりが届くのを待つ。

10社程度の引っ越し業者が、遅くても翌日までに、見積もり料金を知らせてきます。

以上です。

昔は相見積もりといっても、莫大な手間がかかりますから、
3社程度に見積もり依頼するのが精一杯だったと思います。

ところが今では、「10分」の手間で、10社以上の引っ越し業者に見積もり依頼できるのですから、
このメリットは本当に大きいといえると思います。

なぜ一括見積もり比較サービスは無料なの?

さらに一括見積もり比較サービスの大きなメリットは、
このサービスを、「無料」で使うことができるということなんですね。

たぶん、
「なぜ無料なの?」
と思う人がいると思います。

「何かウラがあるんじゃないか・・・」
とか。

でも一括見積もり比較サービスが無料なことに、
ウラも何もありません。

一括見積もり比較サービスの料金は、
引っ越し業者が払っているからなんですね。

一括見積もり比較サービスは、引っ越し業者にとってもメリットがあります。

集客の一つの経路になってくれるわけですから、
一括見積もり比較サービスの料金は、引っ越し業者にとっては、
広告宣伝費であるということになるんです。

つまり一括見積もり比較サービスは、
利用者にとっても、引っ越し業者にとってもメリットがある、
Win-Winのサービスだってことなんですね。

全くうまく考えたものだと、管理人も思います。

一括見積もり比較サービスはどのくらい安くなるの?

半額以上安くなる

実際に一括見積もり比較サービスを利用して、
引っ越し料金の見積もりを取ってみれば分かることなんですが、
引っ越し料金は業者によって、倍以上の開きがあります。

CMで名が知れた大手の業者は料金が高く、
あまり聞いたことがない中小の業者は、料金が安い傾向がありますね。

なぜこんなに料金の開きがあるのか、管理人もよく分かりませんが、
おそらくこれまでは、相見積もりを取らずに、
大手業者に依頼してしまう人が多かったからなのでしょうか。

だから一括見積もり比較サービスを使わずに大手業者に依頼した場合と、
一括見積もり比較サービスを利用して最安値の業者に依頼した場合とを比べると、
「半額以上安くなる」
ということができると思います。

値切り交渉によってさらに安くなる可能性も

さらに引っ越し料金の相見積もりを取ることによるメリットとして、
「値切り交渉ができるようになる」
ことがあります。

料金を比較できるようになるわけですから、
「この業者より安くしてくれたら契約するよ」
という言い方ができることになるんですね。

引っ越し業者もそれは分かっていて、
初めに出してくる見積もり金額は、
値切られるのを見越して少し高めになっています。

ですから値切り交渉をすることによって、
さらに引っ越し料金が安くなることが見込めるというわけなんです。

一括見積もり比較サービスを利用する上での注意点は?

正式見積もりを取るのを忘れない

一括見積もり比較サービスを利用する上での注意点は、まず、
「かならず正式見積もりを取ってもらうようにする」
ということです。

一括見積もり比較サービスの「見積もり」は、
「概算見積もり」といわれるものです。

引っ越し業者は、実際に自宅へ来て、
引っ越し荷物の量を確認しているわけではありません。

あくまでWEBの入力フォームからの情報をもとに、
見積もり金額を出しているということなんですね。

ですから一括見積もり比較サービスで業者から回答される見積もり金額は、
確定した金額ではありません。

見積もり金額が確定するのは、
業者が実際に荷物や家の状況を見て、
「正式見積もり」を出した段階になります。

概算見積もりは、業者の引っ越し料金を比較するには十分なんですが、
それだけで、正式見積もりを取らずに引っ越しを依頼してしまうと、
引っ越し当日になっって、追加料金が発生してしまったりすることがあるんですね。

たとえば入力フォームで入力した内容に間違いがあって、
荷物がトラックに積み切れないということになれば、
トラックを追加しなくてはなりません。

また家の前が狭くてトラックが停められないとかいうことになると、
新たに軽トラックなどを追加しなければならなくなります。

このように、入力した内容に万が一でも漏れがあると、
当日になって追加料金が発生してしまう可能性がありますので、
引っ越し業者と契約する前に、かならず業者に自宅へ来てもらい、
正式見積もりを発行してもらうことが大事です。

正式見積もりを発行してもらえば、
よっぽどの悪徳業者でない限り、
追加料金が発生することはないと考えていいと思います。

業者を断る際にはきっぱりと

一括見積もり比較サービスを利用して引っ越し業者の相見積もりを取るとなると、
10社程度の引っ越し業者と連絡を取り合うことになります。

一括見積もり比較サービスに登録している業者は、
基本的に優良業者だと考えて大丈夫です。

悪徳業者を登録させてしまうと、
一括見積もり比較サービスの側でも、評判が下がることになってしまいますから、
きちんと審査し、一括見積もり比較サービスが「大丈夫だ」と判断した業者だけを、
登録させるようになっています。

ただ優良業者だとは言っても、
業者にも色々あるんですよね。

中にはたしかに、ちょっとしつこい業者もいます。

業者からの連絡がしつこくて、「うざったいな」と思ったら、
その業者には、
「もう他に決めました」
と言うのがオススメです。

引っ越しは、一度業者を決めてしまえば、次のチャンスはありません。

業者としても、さらにしつこくするメリットは全くないので、
それでもう、連絡は来なくなります。

一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら
実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る