一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

荷作り・荷解きのどこまでが対象になるのか確認すること

引っ越しは、すべての荷物や家具を荷作りし、これを運び出し、
引っ越し先でまた運び入れて荷解きすることになります。

この荷作り、荷解きのどこからどこまでを引っ越し業者がやってくれるのか、
どれを自分でやらなければならないかは、
訪問見積もりの際にきちんと確認しておかなくてはいけません。

そうでないと、
「引っ越し業者がやってくれると思っていたのに、自分でやらなければいけなかった」
ということが発生することになり、
その場合には追加料金を取られることになってしまうんですね。

荷作り、荷解きの範囲は引っ越しプランによって違う

荷作り、荷解きをどこまで引っ越し業者がやってくれるのかは、
引っ越しプランによって異なることになるんです。

引っ越し業者はほとんどのところが、
「おまかせパック」を設定しています。

これは家にある全ての荷物の荷作りと荷解きを、
すべて引っ越し業者がやってくれるというものです。

もちろんおまかせパックにすると、その分料金は高くなりますが、
忙しくて自分で荷作り・荷解きをする時間がない、などという場合にはオススメです。

おまかせパックではない、通常の引っ越しの場合には、
大型の家具や家電は引っ越し業者が荷作り・荷解きをしてくれることになりますが、
小さな荷物は自分で荷作り・荷解きしないといけません。

その場合には、業者がどこまでをやってくれるか、
事前に確認しておかないといけないんですね。

大型家具の扱いは特に確認が必要

大型の家具の扱いについては、特に事前の確認が重要になると思います。

まず大型の家具は、分解や組立が必要なものもありますよね。

分解や組立は、基本的には引っ越し業者がやってくると思いますが、
やはり確認しておいたほうがいいと思います。

また確認が必要になるのは、タンスなどの中身です
タンスの中身は、業者によっては入れたままでいい場合もあります。

また全部中身を出し、それぞれダンボールに梱包してくれという場合もありますし、
ハンガーにかかっているものは、ハンガーケースを用意するのでそこにかけ、
あとはダンボールに梱包してくれという場合もあります。

これは業者によって異なりますので、注意が必要だと思います。

大型のタンスだけでなく、小型の衣装ケースも同じです。
訪問見積もりの際、きちんと聞いておくようにしましょう。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る