一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

新居に引っ越す人は建物の養生方法を念入りに確認!

引っ越しの際には、荷物や建物にキズをつけないよう、「養生」を行う必要があります。

大手の引っ越し業者でしたら、だいたい問題なくやってくれるんですが、
中小のマイナー引っ越し業者の中には、手を抜くこともあります。

特に新築の家に引っ越す人は、業者が養生をきちんとやるかどうか、
念入りに確認をする必要があるんですね。

養生とは?

養生とは、荷物や建物にキズをつけないよう、
板ダンボールやプラスチックパネル、マットなどを使い、
搬入・搬出する経路の壁や床を保護することです。

引っ越し作業では基本中の基本ともいえることで、
大手の業者は当然丁寧にやってくれるんですが、
中小のマイナー業者は手を抜くことがあります。

特にマイナー業者は、搬出の養生に手を抜くことが多くなります。

それは多くの人が、新居のキズには神経質になるのに、
旧居のキズには無頓着になりがちだからです。

だから訪問見積もりの際には、営業マンに、
養生の方法を念入りに確認しておく必要があります。

確認したことは、もちろんきちんと、見積書に書いておいてもらうようにしましょう。

養生は当日もきちんと確認!

養生は、きちんとしてくれているかどうか、
引っ越し当日も確認の必要があります。

もし養生に不備があるようなら、
その場で指摘するようにしましょう。

養生をきちんとしているかどうかそのものも、
確認の必要があることはもちろんなんですが、
さらに荷物や建物にキズが付いていないかどうか、
念入りに確認する必要があります。

そのためにはまず、荷物や建物について、ひと通りの写真を撮っておくのがオススメです。

写真を撮る場合、デジカメでは簡単に修正ができてしまうため、
後で証拠とすることができません。

コンビニなどで売っている使い捨てカメラでかまいませんから、
かならずフィルム式のカメラで写真を撮るようにしましょう。

その上で、引っ越し作業が終わったらすぐに、
荷物と建物のキズがないかどうか、チェックします。

そしてもしキズがあるようなら、その場で引っ越し業者のチームリーダーと共に、
たしかにキズがあることを確認するようにします。

ここできちんと業者といっしょに確認しておかないと、
あとで言い逃れされ、ウヤムヤになってしまいやすいので、注意が必要なんですね。

キズについては、すべて損害賠償をしてもらうよう、
業者ときちんと交渉しましょう。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る