一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

大家への退去連絡は一ヶ月前までにすること

引っ越しをすることになったら、賃貸住宅に住んでいる場合は、
大家さんに退去の連絡をしないといけないですね。

退去連絡の期限は、賃貸の契約によって違いますが、
1ヶ月前までにすることになっているのが普通だと思います。

退去を連絡するには、引っ越し日が決まらないといけませんから、
まず引っ越し業者を決めた上で引っ越し日を確定し、
それから大家さんに連絡するという段取りになると思います。

退去日の連絡期限は賃貸借契約書を確認しよう

引っ越しにあたり、いつまでに退去の連絡をしなければならないかは、
賃貸住宅に入居の際交わした、賃貸借契約書に書いてあります。

だいたいは「1ヶ月前」ということになっているのではないかと思いますが、
契約によっては、2ヶ月前という場合もあると聞いたことがあります。

会社の転勤などで急に引っ越さなければならないこともありますから、
そういうケースでは、2ヶ月前までに連絡するのは厳しいこともありますよね。

退去連絡の期限とは、大家さんが新しい貸主を決めるための猶予期間として決めています。

急に「引っ越しする」と言われても、
すぐには次に住む人を見つけられない、ということなんですね。

ですから退去の連絡期限が2ヶ月と決まっているなら、
退去の連絡をしてから2ヶ月間は、家賃を払わないといけないということです。

もし退去の連絡期限が2ヶ月前となっていて、1ヶ月前に連絡したのだとしたら、
残りの1ヶ月分は、住んでもいないのに家賃を払わなければならないことになります。

ですから会社の転勤などやむを得ない事情で退去の連絡期限過ぎてしまった場合は、
大家さんと交渉し、できる限りムダな家賃を払わないようにするのがオススメです。

また会社とも交渉し、払わなければならないムダな家賃を、
会社に払ってもらうようにする必要もありますね。

退去の連絡をするにはまず引っ越し業者を選んでから

退去の連絡をするためには、「引っ越し日」が決まっていなければなりません。
この引っ越し日は、引っ越し業者が決まらないと、決められないんですね。

自分で勝手に、「いつ引っ越ししよう」と思っていても、
実際にその日に引っ越し業者が作業をすることにならなければ、引っ越しができません。

特に3月の繁忙期などは、日によっては1ヶ月前でも予約で一杯のこともありますから、
とにかくまず、引っ越し業者の予約を抑えてしまわなければなりません。

退去の連絡日が迫っていて、早く引っ越し業者を決めなければならないという場合は、
こちらのようなネットの一括見積もり比較サービスを利用するのがオススメです。

一括見積もり比較サービスでは、5〜10分程度でできる簡単な入力により、
素早く、安く引っ越しをしてくれる業者を探すことができます。

一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら
実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る