一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

国民年金と国民健康保険、印鑑登録の手続き

国民年金と国民健康保険に加入している人、印鑑登録証を交付されている人は、
引っ越し前と後の市区町村役所で手続きの必要があります。

転出届と転入届を提出する際、一緒に手続きしてしまいましょう。

国民年金の手続き方法

国民年金は、国民年金の窓口で、「住所変更」の手続をする必要があります。
手続きには、国民年金手帳と印鑑が必要となります。

手続きは、代理人でも可能です。
代理人が手続きする際には、本人の委任状が必要となります。

国民健康保険の手続き方法

国民健康保険は、市内で引っ越すのと市外へ引っ越すのとでは、
手続き方法が大きく異なります。

国民健康保険は市区町村ごとに加入することになっていますので、
市街に引っ越す場合には、一度国民健康保険を資格喪失し、
引っ越し後に改めて加入することになるんですね。

市内に引っ越す場合

市内に引っ越す場合は、市区町村役所の窓口で、
国民健康保険の住所変更を行います。

手続きには、国民健康保険証と印鑑が必要です。

市外へ引っ越す場合

資格喪失手続き

市外へ引っ越す場合、まず引っ越し前の市区町村役所で、資格喪失手続きを行います。
手続きに必要なものは、国民健康保険証と印鑑です。

ここで一旦、国民健康保険証を返納することになります。

加入手続き

引っ越し先の市区町村役所で、改めて国民健康保険に加入します。

手続きに必要なものは、顔写真のついた身分証明書と印鑑です。

資格を喪失しているあいだに病院へ行った場合は?

国民健康保険の資格を喪失してから、改めて加入をするまでのあいだは、
健康保険に未加入の状態になります。

このあいだに病気やケガをして病院へ行く可能性も、当然あるわけですよね。
その場合、健康保険証がありませんから、治療費は全額支払う必要があります。

ただ健康保険に加入してから、その治療費の保険負担分は返金してもらえますので、
治療費の領収書はきちんと保管しておくようにしましょう。

印鑑登録の手続方法

印鑑登録は、市区町村役所ごとに管理されています。

ですから市内に引っ越す場合は、住所変更の手続をすれば、
印鑑登録の手続きは、特に必要はありません。

市街に引っ越す場合には、一旦印鑑登録証を返却し、
改めて引っ越し後に、印鑑登録の手続きを行うことになります。

市外に引っ越す場合の印鑑登録の手続き方法

廃止手続き

引っ越し前の市区町村区役所で転出届を提出する際、
印鑑登録証を返却すれば、自動的に廃止手続きが行われます。

印鑑登録手続き

引っ越し後の市区町村役所で転入届を提出する際、
一緒に印鑑登録手続きができます。

手続きに必要となるのは、まず印鑑、
および運転免許証やパスポートなど顔写真のついた身分証明書です。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る