一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

本番前の下見をしていないと追加料金がかかるかも!

引っ越し業者を選ぶ際には、ネットの一括見積もり比較サービスを利用して、
概算見積もりを請求すれば用が足ります。

概算見積もりは同じ条件で出されたものですから、
どの業者が高くて、どの業者が安いかは、これを見れば一発で分かるんですね。

ただ実際に引っ越し業者と契約する際には、
実際に家に来てもらい、下見(訪問見積もり)してもらう必要があります。

本番前の下見をしてもらわないと、
当日になって追加料金が必要になってくる場合もありますので、注意して下さい。

なぜ本番前の下見が必要なの?

引っ越し料金は、時期による違いなどを除けば、
次のことから決まってきます。

  • 移動する距離
  • オプションサービスの有無
  • 荷物の量
  • 搬入・搬出に要する手間

このうち、まず「移動する距離」については、
現住所と引越し先の住所が決まれば決まりますから、
概算見積もりの段階ですでに確定しています。

また「オプションサービスの有無」についても、
「エアコンを取り外し・取り付けするかどうか」
「車やピアノを運ぶかどうか」
などですから、
一括見積もり比較サービスで忘れずにチェックをすれば、
概算見積ではすでに確定していることになりますね。

ところが「荷物の量」と「搬出・搬入に要する手間」については、
一括見積もり比較サービスでの入力だけでは、
情報が正しく伝わらないことが多いんです。

荷物の量について

荷物の量は、「どのような家具があるか」の他に、
「ダンボールいくつを運ぶか」なども知らせることが必要です。

ところがこのダンボールの数については、
素人だと少なく見積もってしまうことが多いんですね。

また使用するトラックの大きさを決めるためには、家具の大きさも問題になります。

1つだけ大きな家具があった場合などは、
大きなトラックを使用しなければいけなくなるかもしれません。

この家具の大きさをきちんと伝えることも、
ネットの一括見積もり比較サービスに入力するだけではなかなか難しいところがあると思います。

ですから荷物の量や大きさを、契約前に、
業者の営業マンにきちんと見てもらい、判断してもらう必要があるんですね。

これを間違ってしまうと、当日になって荷物がトラックに積み切れないことが分かり、
トラックを新たにチャーターして追加料金が必要となってしまったりします。

搬出・搬入にかかる手間について

搬出・搬入にどのくらいの手間がかかるかも、
引っ越し料金を左右することになってきます。

それは例えば次のようなことです。

  • マンションなら、エレベーターがあるかどうか
  • 家の玄関からすべての家具を搬出・搬入できるのかどうか
  • トラックを家の前に横付けできるのかどうか

などなどです。

これらの条件が変わると、作業員を増員する必要が出てきたりしますので、
引っ越し料金は変わってきます。

これもきちんと営業マンに家を見てもらい、
事前に判断してもらう必要があるというわけなんですね。

下見の際には処分する不要品荷物はきちんと伝えること

引っ越し業者の営業マンに自宅を下見してもらう場合には、
もし処分する予定の不要品などがある場合は、
それをきちんと伝えるようにしましょう。

処分予定の不要品が運ぶ荷物に算入されてしまった場合、
その分引っ越し料金が高くなってしまうからなんですね。

ただもちろん、処分するはずだった不要品が当日までに処分できなかった場合、
追加料金を取られることになってしまいますので、注意して下さい。

実録:一括見積もり比較で値切り交渉をしてみた
危険:こんな引っ越し業者は断ろう
単身パックや学割パックはお得なのか?
ページの先頭へ戻る